主婦のゆるラク生活を目指して

仕事や家事に忙しい主婦の生活が少しでもラクになるようなお役立ち情報

マネー

「特別老齢厚生年金」は「年金請求書」を提出しないともらえなくて損をします!

投稿日:2019年10月4日 更新日:

年金制度は複雑でよくわからないのが正直な感想です。

でも、知っておかなければ損をするので

ちょっとずつでも覚えていきたいと思います。

まずは60代を前に50代の人はぜひ知っておきたい年金制度!

条件を満たす対象者で65才よりも前に特別支給される
「特別老齢厚生年金」というものがあります。

特別老齢厚生年金とは

老齢厚生年金をもらえる年齢が昭和60年に改正され、
60歳から65歳にもらい始める年齢が上がったことにより、
段階的に開始年齢を上げるための制度が
特別老齢厚生年金というものです。

特別老齢厚生年金の受給資格の条件

特別老齢厚生年金の受給資格は次の条件にあてはまる人です


・60歳以上で老齢基礎年金の受給資格期間(10年)がある
・厚生年金などに1年以上加入していたことがある
・昭和36年4月1日以前生まれの男性
・昭和41年4月1日以前生まれの女性

特別老齢厚生年金の支給開始年齢は段階的になっている

特別老齢厚生年金の支給開始年齢は、
生年月日だけでなく男女でも差があります。
60歳~64歳の間でもらい始める年齢が違って受給期間が異なっています。
詳細はこちらへ ↓(日本年金機構 特別老齢厚生年金について)https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20140421-02.html


特別老齢厚生年金をもらえるかどうかの確認は、
毎年送られてくる「ねんきん定期便」を見るとわかります。

条件を満たしているのに、「ねんきん定期便」に

特別老齢厚生年金の金額が記入されていなければ確認が必要です。

 

「特別老齢厚生年金」の手続きは「年金請求書」で!

この特別老齢厚生年金が受け取れる条件にあてはまる人で
受給年齢になったら、気をつけなければならないことがあります。

特別老齢厚生年金は「年金請求書」を提出しなければ、
もらえるはずの特別な年金が受け取れずに損をしてしまうということです。

請求期限の5年を過ぎると完全にもらえなくなるので、注意が必要です。

特別老齢厚生年金の「年金請求書」はもらえる対象年齢になった人に、
支給開始の3ヶ月前に日本年金機構から郵送で送られてきます。

支給開始前ではなく支給開始日以降に提出します。

支給開始の前だと受付しないそうです。

 

「特別老齢厚生年金」の繰り下げ制度はない

特別老齢厚生年金は、支給を遅らせる繰り下げ制度は適用されませんので
受給資格が発生したらすぐに提出する必要があります。

また、繰上げることもできません。

先延ばしにしたからといって、

65歳からもらう年金額が増えることもありませんし、

早めにもらうこともできないのです。

 

おわりに

老齢年金に限らず公的年金というものは、

受給資格のある人が何もせずに自動的にもらえるものではありません。
なにかしらの手続きをしなければ、

もらえて当然のものがもらえず、損をしてしまいます。
長い間働いて支払い続けた年金を無駄にしないためにも、
受給開始の3ヶ月前に送られてくる
「年金請求書」を忘れないように提出しなければいけませんね。

手続きを忘れないで安心して年金を受け取れるようにしたいものです。

参考 ↓ 日本年金機構トップページ https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20140421-02.html

 


-マネー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした